初心者向きスイングトレードとFX 比較

短期の投資方法に、スキャルピングやデイトレードがある事は解説の通りですが、FX 比較取り引きでデイトレにおいては、短期売買を繰り返すスキャルピングは欠かせないものと言えるでしょう。デイトレが、FX 比較の取り引きの基本になりますが、理解されたところで次のステップとして、スイングトレードを説明します。スイングトレードとは、デイトレがその日のうちに取り引きを完結させるのに対して、少し長めの期間を置いた1日、あるいは数日のスパンでのトレードを意味したものです。

トレーダーによっては、中期の投資スタンスをスイングトレードとする向きがありますが、あらかた間違いではありません。スイングトレードの基本は、デイトレとは異なり数日の流用がありますので、確実に利益が出たタイミングで取り引きを終える事ができます。もちろん、思惑とは裏腹になることもありますので、利益が見込めない場合には、早めの損切りもやむなしというところです。

スイングトレードの良いところは、デイトレのように集中してPC画面に張り付かなくてもよいことです。したがって、ライフスタイルによって、仕事から帰宅して行うあるいは、主婦の方で日中は忙しく、夜に時間が空くといった方に向いています。