正しく注文できないFX 比較取り引きでのスリップページ

初心者の方で、新たにFXを始められる場合、FX 比較検討の際にパソコンを新たに、購入される方も多いかと思います。当然、パソコンは高スペックでなくとも、そこそこの性能さえあれば、それなりに使用に耐えるものですが、インターネット環境については、高速回線の方が有利ということを聞いたことはないでしょうか。スリップページとは、FX 比較検討したうえで、希望レートで注文したはずなのに、実際には異なった価格で注文が通ってしまうことをいいます。

なぜ、このようなことが発生するのでしょう。これは、いわゆるタイムラグと呼ばれるもので、実際に注文を入れた際にコンマ数秒のずれが生じ、そのタイムラグによって価格の変動により、実際に約定した注文価格がずれてしまう事を言います。原因となるのは、PCの性能、通信速度の違い、FX会社のサーバーへの負荷などが主な原因ですが、スリップページが発生するのはある程度仕方のない事とも言えます。

しかし、スレッドページが発生すれば、実際の注文に価格差が生じてしまいますので、総じて結果的に利益が少なくなってしまう可能性があります。対策としては、ネット環境を重視し、スリップページの少ない業者を選ぶことです。